スタートアップって何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

[スタート]ボタンから[プログラム]を選択すると、そのプログラムのリストから「スタートアップ」という項目があります。

このスタートアップというのは一体なんでしょうか?

スタートアップには2種類あります。

  1. Windowsを立ち上げたときに、自動的にアプリケーションソフトを起動させるWindowsの機能
  2. Windowsが起動するときに読み込まれるモジュールまたはファイルシステム情報

Windows起動時に自動的にアプリケーションを起動させるには

前者は「スタートアップ」フォルダの中に起動したいアプリケーションソフトへのショートカットを入れると設定することができます。
もし、Windows起動直後に必ずこのソフトは使うかも、という場合はそのソフトへのショートカットを「スタートアップ」フォルダ内に入れておけば、次回起動時に自動的にそのソフトを起動させることできます。

ちなみに、「スタートアップ」フォルダは

C:\WINDOWS\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

Windows起動時に読み込むモジュールやファイルシステム情報を確認するには

後者は[スタート]→[プログラム]→[システム ツール]→[システム情報]で開きます。
しかし、これはどのモジュールがどのソフト用のモジュールかどうか、どんな機能を果たしているかという推測をしなければいけないので、これをいじるにはそれなりの知識が必要、上級者向きですね。
私は触ったことがありませんが(笑)。

もうひとつ、MSCONFIG.exeを起動してみてください。
これもシステム情報の設定用のツールです。
[スタート]ボタンをクリックして、その中の「ファイル名を指定して実行」を選択し、
「msconfig」と入力してOKボタンを押してください。
システム設定ユーティリティ

「スタートアップ」というタブをクリックすると、起動時に読み込まれるモジュール・システムモジュールの一覧が出てきます。
システム設定ユーティリティ

このスタートアップの一覧はCtrlAltDeleteボタンを同時に押して強制終了した際に
少なくともこれらのスタートアップの設定も表示されているはずです。

これらもある程度の知識が必要です。変にいじるとおかしくなります。気をつけてくださいね。

スポンサーリンク
INDEX

コメント

▲このページのトップへ