www.wanichan.com

Microsoftオンラインサービスを使うには

Section 4 PowerPoint for iPadのカスタマイズ
最終更新日時:2020/06/29 19:44:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPoint for iPadでOpenDocumentプレゼンテーション形式のファイルを開いて編集したりエクスポートしたりするには、[設定]から[PowerPoint]をタップして、[Microsoftオンラインサービスを使う]のスライダーをオンにしておく必要があります。

はじめに

特殊な種類のファイルを扱いたい場合は、Microsoftオンラインサービスを使うように設定するとOKです。iOS版のOfficeでサポートされるようになるのは以下の通りです。

  • OpenDocument 形式のファイル (.odt、.ods、.odp) を Microsoft OOXML ファイル (.docx、.xlsx、.pptx) として開いて編集する
  • OpenDocument 形式のファイル (.odt、.ods、.odp) で Word、Excel、PowerPoint ファイルをエクスポートする

特定の種類のファイルを開いてエクスポートできるように設定

  1. ホーム画面から[設定]アイコンをタップします。
  2. [設定]の[一般]が表示されるので、一覧から[PowerPoint]をタップします。
  3. [Microsoft オンラインサービスを使う]のスイッチを右方向にスライドすると、特定の種類のファイルを開いてエクスポートできるようになります。

※執筆環境:PowerPoint for iPad バージョン 2.11.1

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ