www.wanichan.com

wanichan's office 365

OpenDocumentプレゼンテーション形式にエクスポートするには

Section 6 プレゼンテーションの保存
最終更新日時:2018/06/21 10:17:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenDocumentプレゼンテーションとは、OpenOffice.org の Impress や Google Docs などのプレゼンテーションソフトに対応したものになります。Microsoft Officeでは高価なため、フリーのOpenOffice.org等が多くの企業や自治体などに導入されています。作業中のプレゼンテーションをOpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式にエクスポートするには、[ファイル]をタップして[エクスポート]をタップし、[OpenDocument テキスト (.odp)]を選択して、ファイル名と保存先を指定します。

OpenDocument プレゼンテーション (.odp) にエクスポート

  1. [ファイル]をタップして[エクスポート]をタップします。
  2. [OpenDocument プレゼンテーション (.odp)]を選択します。
  3. [エクスポート]画面で保存場所とファイル名を指定します。ここではiPadを選択し、名前がハイライトしているので、名前を入力して、[エクスポート]をタップします。
  4. 以下のメッセージが表示されたら[許可]を選択します。
    PowerPoint で特定の種類のファイルを開いてエクスポート、または印刷するには、Microsoft オンライン サービスを使用してファイルを変換する必要があります。

備考

OpenDocumentプレゼンテーション形式にエクスポートしたドキュメントは、PowerPoint for iPadではPowerPoint形式に変換されて読み取り専用として開きます。編集するには、コピーを保存する必要があります。

※執筆環境:PowerPoint for iPad バージョン 2.11.1

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ