www.wanichan.com

Webページ形式で保存するには

文書の保存
最終更新日時:2020/06/29 21:24:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラウザーで文書を表示できるように、HTML形式で保存することもできます。[ファイル]メニューの[名前を付けて保存]を選択し、フォーマットを[Webページ]にして、保存場所やファイル名を指定します。Webページで保存されると、ブラウザーでは表紙がかぶってしまうので注意してください。

Windows版のWord 2016の記事はこちら

Webページとして保存

  1. [ファイル]メニューの[名前を付けて保存]を選択します。
  2. [ファイル形式]一覧から[Webページ (.htm)]を選択します。
  3. 必要に応じて、保存場所やファイル名を指定して[保存]ボタンをクリックします。
  4. Webページとして保存され、Webレイアウト表示になりました。

備考

Webページとして保存すると、表紙ページが図に変換されて、本文と重なってしまいます。この問題を回避するために、図に変換された表紙を選択してdeleteで消しておいてください。

 

※執筆環境:Microsoft Word for Mac バージョン 16.12

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ