www.wanichan.com

定型入力ウィザードを利用するには

入力ウィザードの利用
最終更新日時:2012/12/30 23:32:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定型入力とは、入力をスムーズに行うために設定する書式のことです。設定したいフィールドを選択し、フィールドプロパティの[標準]タブにある[定型入力]ボックスにカーソルを移動してウィザード起動ボタンをクリックし、一覧から定型入力オプションを指定します。

はじめに

定型入力とは、入力をスムーズに行うために設定する書式のことです。郵便番号の定型入力に設定されている場合、___-____ のように正確に示すことができます。ここでは、「郵便番号」フィールドに郵便番号の定型入力ウィザードを使って設定する方法について説明します。

郵便番号フィールドに定型入力ウィザードを利用する

  1. 郵便番号フィールドにカーソルを移動します。
  2. フィールドプロパティの[標準]タブにある[定型入力]ボックスにカーソルを移動すると、ウィザード起動ボタンが表示されるので、そのボタンをクリックします。
  3. すると、保存してよろしいですか?というメッセージが表示されます。[はい]ボタンをクリックします。
  4. 定型入力ウィザードが始まります。定型入力を一覧から「郵便番号」を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
  5. 定型入力の形式を変更したい場合はここで変更します。そのままでもOKですので、[次へ]ボタンをクリックします。
  6. データの保存方法を選択します。既定値では「定型入力中の文字を含めずに保存する」が選択されています。
    表示形式だけ変更して、元データは数字のみという仕組みですね。いずれかを選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
  7. 定型ウィザードが終了しました。最後に[完了]ボタンをクリックします。
  8. 定型入力ウィザードが設定されました。

データシートビューで確認する

テーブルを上書き保存したあと、データシートビューで確認します。定型入力が表示されない場合はF2キーを押すとOKです。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ