www.wanichan.com

はじめてAccess 2016を使う前に

Access 2016の概要
最終更新日時:2018/10/01 10:03:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Accessとは、顧客管理や住所録、在庫管理、社員名簿などなどのデータベースを管理するためのアプリケーションです。Office 365 SoloやOffice ProfessionalにAccessアプリが含まれています。

Accessって何?

Accessは、さまざまなデータベースを管理するためのリレーショナルデータベースソフトです。データベースには大量のデータを溜め込むことができます。溜め込んだデータの中から抽出したり、集計できたりできます。

何千件、何万件といったデータを取り扱う場合、ExcelよりAccessの方が優れていると思います。エクセルではもう無理と思ったら、Accessに移行するよい機会です。

ExcelとAccessの違い

Excelは一つ一つのセルの集まりでできています。セルはそれぞれ独立していますので、どんなデータでも入力すればちゃんと入ります。

しかし、Accessは1行が一つのレコードとして認識されます。

1件のレコードにはいくつかのフィールド(データ項目)で構成されていますが、それぞれのフィールドのデータ形式を決めることができますので、整合性のないデータは入力できません。

それぞれのフィールドにデータ型が定義される

したがって、Accessはそれぞれのデータ形式を統一することができるというメリットがあるのです。

Accessというデータベース管理ソフトは、1件のレコードを入力が終了したときに保存されます。Excelはあくまでも「保存」というコマンドを与えない限り保存されませんよね?

これがAccessとExcelの大きな違いかもです。

Accessというソフトはとても奥が深いです。極めれば独自のシステムを構築でき、上級者まで納得して使っていただけるソフトです。

しかし、初心者の方でも画面に答えていくだけで簡単に本格的なデータベースを作ることができる「ウィザード機能」も備わっていますので安心です。

Accessのメリット

顧客管理から請求書データ入力、そして請求書と納品書の印刷までを行う場合を想定しましよう。ExcelだけではVBAなど本格的なシステムを構築しない限り、とても実現しそうにありません。なぜなら、Excelのサポートされている機能では差し込み印刷ができないからです。

確かに、Excelでもデータベースを作ることは可能です。しかし、複数人で同時にデータ入力したいと言う場合、なかなか難しいものがあります。

しかし、Accessを使えば、データの蓄積から管理、印刷まですべて一元化できます。もちろん、複数人で同時にデータ入力もOKです。

Accessを入手するには

Office付きのパソコンを買ったとしても、せいぜいPowerPointまでついているだけで、Accessは入っていません。単体を買う方法もありますが…。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ