www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

数値を切り捨てるには

データを計算する、加工する
最終更新日時:2021/05/11 21:17:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指定した位で切り捨てるにはROUNDDOWN、小数点以下を切り捨てる場合はINTを使用するとよいでしょう。他にも、TRUNCなどが挙げられます。ここでは、数学/三角関数のこれら3つの違いについて、および、関数の引数で数式を作成する方法について説明します。

ROUDDOWN、INT、TRUNCの違い

指定した位で切り捨てるには、ROUNDDOWNとTRUNCが挙げられます。引数は同じです。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)
=TRUNC(数値,桁数)
数値対象となる数値を指定します。
桁数<数値>を切り捨てる桁数を指定します。

小数点以下を切り捨てる場合は桁数が「0」となり、十の位で切り捨てる場合は「-1」と指定します。

TRUNC関数で桁数の引数を省略すると、桁数が「0」となり、1の位で切り捨てとなります。ちなみに、ROUDDOWNの関数の引数において、「桁数」にカーソルを移動したときに表示される説明は誤植です。ROUDDOWN関数での桁数の引数は省略できないので注意してください。

小数点第1位小数点第2位
-2-1012

一方、小数点以下を整数にまるめるにはINT関数を利用します。

=INT(数値)

1の位で処理した数式結果は以下の通りです。

 

ROUNDDOWNとTRUNCは単に小数点以下を切り捨てているだけとなりますが、INT関数では最も近い、値の小さい整数に丸めることになるのです。

ROUNDDOWN関数を使用して1の位で切り捨てる

  1. 求めたいセルを選択し、[数式]タブの[数学/三角]一覧から[ROUNDDOWN]を選択します。
  2. 関数の引数の[数値]ボックスにカーソルを移動し、対象となるセルを選択します。
  3. [桁数]ボックスには「0」と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 数式コピーすることで、それぞれの値が求められました。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ