www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

ブックのエラーの原因を確認して対処するには

数式のトラブルシューティングを行う
最終更新日時:2021/10/10 14:19:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえば、数値データなのに実際は文字列として認識されている場合は、エラーチェック機能を使用して数値に変換できます。[数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[エラーチェック]をクリックし、それぞれ操作します。

はじめに

まず、知っておきたいエラー値は以下の通りです。

#DIV/0
0または空白を除数にしている。
#N/A
必要な値が入力されていない(Not Available の略)
#NAME?
認識できない文字列が使用されている。
#NUM!
引数が不適切であるか、計算結果が処理できない値である。
#NULL!
「:(コロン)」や「,(カンマ)」などが不適切である。
#REF!
セル参照が無効である。
#VALUE!
引数が不適切である。

なお、数式にエラーがある可能性がある場合、数式を入力したセルに(エラーチェックオプション)ボタンとセル左上に(エラーインジケータ)が表示されます。(エラーチェックオプション)ボタンをクリック

すると、表示される一覧からエラーを確認したりエラーに対処できたりできます。

ここでは、エラーチェックを使って、ワークシート上のエラーが含まれるセルを検索して、エラーの内容を表示したりエラーに対処する方法について説明します。

 

操作方法

  1. [数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[エラーチェック]をクリックします。
    数式を使っているときによく起こるエラーがないかどうかチェックします。
  2. エラーを無視するには[エラーを無視する]ボタンをクリックします。
  3. 数値に変換するには[数値に変換する]ボタンをクリックします。
  4. エラーチェックが完了したら、以下のメッセージが表示されるので[OK]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ