www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

ウォッチウィンドウを利用するには

数式のトラブルシューティングを行う
最終更新日時:2021/10/10 14:19:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォッチウィンドウの一覧にセルを追加して、シートのさまざまな部分を更新しながら、そのシートの値がどうなっているかを監視するには、あらかじめ追加したいセル範囲を選択して[数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[ウォッチウィンドウ]をクリックして、ウォッチウィンドウの[ウォッチ式の追加]をクリックします。

はじめに

たとえば、大きな表や別のワークシートの計算結果を監視しながらデータを入力したい場合、ウォッチウィンドウを利用するとよいでしょう。ウォッチウィンドウでは、別のワークシートの計算結果を監視しながら作業が行えます。

まず、ウォッチウィンドウの一覧にセルを追加することで、シートのさまざまな部分を更新しながら、そのシートの値がどうなっているかを監視できます。

他のシートで作業しているときにも、これらのセルを監視できるように、ウォッチウィンドウは常に最前面に表示されます。[ウォッチウィンドウ]を使用すると、繰り返しスクロールしたり、ワークシートの異なる部分に移動する必要はありません。

ウォッチ式の追加

  1. [数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[ウォッチウィンドウ]をクリックします。
    ウォッチウィンドウの一覧にセルを追加して、シートのさまざまな部分を更新しながら、そのシートの値がどうなっているかを監視します。他のシートで作業しているときにも、これらのセルを監視できるように、ウォッチウィンドウは常に最前面に表示されます。
  2. あらかじめ追加したいセル範囲を選択して、ウォッチウィンドウの[ウォッチ式の追加]をクリックします。
  3. ウォッチウィンドウに追加するセル範囲を確認して[追加]ボタンをクリックします。
  4. 他のシートの作業中でも、ウォッチウィンドウで追加されたセルの情報が確認できます。

ウォッチ式の削除

  1. ウォッチウィンドウから削除したいセルの行を選択して[ウォッチ式の削除]をクリックします。
  2. ウォッチ式が削除されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ