www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

数式を検証するには

数式のトラブルシューティングを行う
最終更新日時:2023/04/03 16:59:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数式の各部分を個別に評価して、複合的な数式をデバックするには、[数式]タブの[ワークシート分析]グループの[数式の検証]をクリックします。数式の部分を1つずつ実行していくことで、適切に計算されているかどうかを確認できます。セル参照の下線に[ステップイン]すると、その参照先の値が[検証]ボックスに表示されます。

はじめに

複雑な数式を一つ一つ確認するには、「数式の検証」を行うことによって容易に実現できます。たとえば、INDEX関数とMATCH関数が複雑に数式に使用されている場合、ステップごとに結果を確認することで、数式がどのようになっているのか検証できます。

  A B C D E
1 OSとOfficeの対応表
2 OS Office 2016 Office 2013 Office 2010 Office 2007
3 Windows XP SP2 × × ×
4 Windows XP SP3 × ×
5 Windows Vista × ×
6 Windows 7 SP1
7 Windows 8
8 Windows 8.1
9 Windows 10
10          
11 OS Windows Vista      
12 Office Office 2016      
13 対応        
14          

ここでは、数式の検証を行う方法について説明します。

数式の検証を実行する

  1. 数式が入ったセルを選択して、[数式]タブの[ワークシート分析]グループの[数式の検証]をクリックします。
    数式の各部分を個別に評価して、複合的な数式をデバックします。数式の部分を1つずつ実行していくことで、適切に計算されているかどうかを確認できます。
  2. [数式の検証]ダイアログボックスに下線の部分(B11)を検証するには[検証]ボタンをクリックします。
  3. B11の参照結果が表示されました。行番号を求める下線部分の数式を検証するには[検証]ボタンをクリックします。
  4. 行番号には「4」という結果が表示され、後半のMATCH関数が使われたB12に下線が表示されました。さらにその下線部分を検証するには[検証]ボタンをクリックします。
  5. B12の参照結果が表示されました。これから列番号を求める数式を求める下線部分を検証するには[検証]ボタンをクリックします。
  6. 下線部分の数式結果、すなわち、一覧表での行番号と列番号が表示されました。さらに下線部分を検証するには[検証]ボタンをクリックします。
  7. 4行目の4列目の解が表示され、検証が終了しました。もう一度開始するには[再び開始]、終了するには[閉じる]ボタンをクリックします。

ステップインとステップアウト

数式の下線が表示されている部分が他の数式への参照の場合、[ステップ イン]をクリックすると、その数式が[検証]ボックスに表示されます。参照セルの下線が表示されている部分で[ステップイン]をクリックすると、その参照セルの値が表示されます。

↓

[ステップ アウト]をクリックすると、前のセルと数式に戻ります。

↓

 同じ参照が数式で二度目に表示されるとき、または数式で他のブックのセルが参照されている場合、[ステップ イン]ボタンは使用できません。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ