www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

アクセシビリティ向上のため、グラフィック要素に代替テキストを追加するには

グラフィック要素を挿入する、書式設定する
最終更新日時:2022/07/16 17:01:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンリーダー用にオブジェクトのテキストの説明を作成するには、代替テキストを作成します。たとえば図の場合、その図を選択して[図の形式]タブの[代替テキスト]をクリックし、[代替テキスト]ウィンドウの[説明]に文字を入力します。1~2文が推奨されています。なお、意味を持たないオブジェクトに対しては、[装飾用にする]にチェックを付けるとOKです。

図の代替テキストを設定する

  1. 図を選択し、[図の形式]タブの[代替テキスト]をタップします。
  2. [代替テキスト]ウィンドウが表示されるので、[説明]を入力します。
    目の見えない人や視覚に障碍がある人にこのオブジェクトとそのコンテキストをどのように説明しますか?
  3. 入力ができたら[代替テキスト]ウィンドウ右上の[閉じる]をタップするとOKです。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ