www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文書内の文字列を検索するには

文書内を移動する
公開日時:2014/11/07 12:41:01
最終更新日時:2023/02/05 19:45:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2013で通常の語句の検索はナビゲーションウィンドウの[文書の検索]タブで行えますが、あいまい検索の場合は[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブにて操作します。

ナビゲーションウィンドウで検索する

  1. [ホーム]タブを選択します。
  2. [編集]グループの[検索]をクリックします。
  3. ナビゲーションウィンドウの[文書の検索]ボックスに「スタイル」と入力します。
  4. それに一致した箇所が強調表示されました。

備考

あいまい検索の場合は、[検索]の▼をクリックして[高度な検索]を選択するか、ナビゲーションウィンドウの[文書の検索]ボックスの▼をクリックして[高度な検索]を選択します。

すると、[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブが開きます。[オプション]ボタンをクリックして検索オプションを表示し、その右下の[オプション]ボタンをクリックすると、あいまい検索オプションの設定画面が表示されます。

[検索と置換]ダイアログボックスの[オプション]ボタンをクリックすると
[あいまい検索]ダイアログボックスが表示され、区別しない文字の種類、表記、そして、無視する記号や文字の設定が可能

検索オプションには空白文字を無視できたり、あいまい検索には、区別しない文字の種類、表記を以下から選択できたりします。また、区切り記号や空白として使用される文字も無視できます。

  • 大文字/小文字
  • 全角文字/半角文字
  • ひらがな/カタカナ
  • 拗音、促音
  • マイナス/長音/ダッシュ
  • 繰り返し記号
  • 漢字表記のゆれ
  • かなの新字体/旧字体
  • 長音[ー](母音でのばす音・・たとえば「サーバー」と「サーバ」)
  • チ/ジ、ヅ/ズ
  • バ/ヴァ(たとえば「バイオリン」と「ヴァイオリン」)、ハ/ファ
  • ツィ/ティ/チ、ディ/ジ
  • ヒュ/フュ、ビュ/ヴュ
  • セ/シェ、ゼ/ジェ
  • イ段、エ段に続くア/ヤ
  • サ行の前のキ/ク
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

「わにちゃんのパソコン教室」オープン

JR阪和線 南田辺駅すぐのカフェ「ここらぼ」で
コーヒー付きのマンツーマンレッスン

マイペースで習得したい方におすすめです

★サポート対象★
Word/Excel/PowerPoint/Outlook/OneNote
Windows/Mac/iPhone/iPad 対応
ノートパソコン/iPhone/iPad ご持参ください

ここらぼ
〒545-0013 大阪市阿倍野区長池町4-1
TEL:06-6429-8372
営業時間:9:00~16:00
定休日:日・水・隔週土曜
パソコン教室
火曜及び木曜の健康ランチタイム (11:30-14:00) 除く
完全予約制。 お問い合わせはこちら

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ