www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

ドキュメントのプロパティや個人情報を削除するには

文書の保護
公開日時:2015/02/04 12:22:35
最終更新日時:2020/06/29 18:56:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキュメントに隠しメタデータや個人情報がないかどうかチェックするには、[ファイル]タブを開き、[情報]タブの[ドキュメントの検査]の[問題のチェック]ボタンをクリックして[ドキュメント検査]をクリックします。

はじめに

ほかの人に文書ファイルを配布する前に、あらかじめコメントと注釈、ドキュメントのプロパティ(作成者の情報などの個人情報)を削除しておきたい場合があると思います。この場合は、ドキュメント検査機能を利用するとよいでしょう。

ドキュメント検査を行う

  1. ドキュメントに隠しメタデータや個人情報がないかどうかチェックするには、[ファイル]タブを開き、[情報]タブの[ドキュメントの検査]の[問題のチェック]ボタンをクリックして、[ドキュメント検査]をクリックします。
  2. [このファイルの変更内容が保存されていません。ドキュメント検査で削除されたデータは復元できない可能性があるため、ドキュメント検査を使用する前にこのファイルを保存してください。今すぐこのファイルを保存しますか?]と表示されたら[はい]ボタンをクリックします。
  3. [ドキュメント検査]ダイアログボックスで、検査する項目にチェックをつけて[検査]ボタンをクリックします。
  4. ドキュメントのプロパティと個人情報の[すべて削除]ボタンをクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ