www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文書のプロパティを挿入するには

文書パーツを作成する、変更する
最終更新日時:2022/04/05 21:07:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作成者、タイトルなど、現在作業中の文書のプロパティの値を参照して挿入するには、[挿入]タブを開き、[テキスト]グループの[クイックパーツ]をクリックして、[文書のプロパティ]の一覧より挿入したい文書のプロパティを選択します。

はじめに

文書のプロパティは、その文書のファイルのプロパティの値が参照されます。[ファイル]タブを選択し、[情報]を選択して、[プロパティをすべて表示]をクリックすることでそれぞれの項目の編集が可能です。ただし、文書プロパティの[キーワード]に対するファイルのプロパティは[タグ]となります。

それぞれの項目に対するファイルのプロパティの要素
文書プロパティファイルのプロパティ
キーワードタグ
コメントコメント
サブタイトルサブタイトル
タイトルタイトル
会社会社
管理者管理者
作成者作成者
状態状態
分類分類

以下の項目は、文書プロパティフィールドを挿入した後に直接値を入力します。

  • 要約
  • 発行日
  • 会社FAX
  • 会社住所
  • 会社電子メール
  • 会社電話

操作方法

  1. 文書プロパティを挿入したい場所にカーソルを移動します。
  2. [挿入]タブを開き、[テキスト]グループの[クイックパーツ]をクリックします。
    あらかじめ書式設定されているテキストや、自動テキスト、ドキュメント プロパティ、フィールドをドキュメントに追加します。ドキュメントの内容を再利用する場合は、内容を選んでから、クイック パーツ ギャラリーに保存します。
  3. [文書のプロパティ]をポイントして、一覧から文書プロパティを選択します。
  4. 文書プロパティが挿入されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ