www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

簡単なマクロにショートカットキーを割り当てるには

マクロを作成する、変更する
最終更新日時:2021/10/21 09:41:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクロにショートカットキーを割り当てて素早くマクロの実行が行えるようにするには、[マクロの記録]ダイアログボックスで[マクロを割り当てる対象]として[キーボード]を選択し、ショートカットキーを指定します。

ショートカットキーを割り当てる

  1. [表示]タブを開き、[マクロ]の▼をクリックします。
    クリックして、マクロを表示、記録、または一時停止します。
  2. [マクロの記録]を選択します。
    マクロの記録を開始または停止します。
  3. [マクロの記録]ダイアログボックスにて、マクロ名と保存先を指定します。
  4. [マクロを割り当てる対象]に[キーボード]をクリックします。
  5. [キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスが表示されたら、割り当てるキーを押します。ここでは、Altキーを押しながらWキーを押してみます。
  6. 割り当てるキーを押したら[割り当て]ボタンをクリックします。このとき、現在の割り当てが未定義になっていたら他のショートカットキーとの競合はありません。
  7. 割り当てられたことを確認して[閉じる]ボタンをクリックします。
  8. マウスポインタがになるので、実際に操作をします。ここでは、『文字列を置換するには』の記事に従い、「ホームページ」を「Webサイト」に置換の操作を行います。
  9. 記録を一時中断したい場合は、[表示]タブを開き、[マクロ]の▼をクリックして[記録の一時停止]をクリックします。再開するには、[マクロ記録の再開]をクリックします。
  10. 操作が終わったら、[表示]タブを開き、[マクロ]の▼をクリックして[記録終了]をクリックします。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ