www.wanichan.com

Web > Expression > FAQ > ユーザーにより作成されたコードスニペットをバックアップする方法

ユーザーにより作成されたコードスニペットをバックアップする方法

 
最終更新日:2020年02月08日(土) 22:50:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OSの再インストールや、他のPCへの乗り換え時などによって、ユーザーにより作成されたコードスニペットをバックアップする方法について紹介します。

コードスニペットのデータの場所

Expression Web 4

%AppData%\Microsoft\Expression\Web 4\Snippets\SnippetsCustom.xml

Expression Web 3

%AppData%\Microsoft\Expression\Web 3\Snippets\SnippetsCustom.xml

Expression Web 2

%AppData%\Microsoft\Expression\Web 2\Snippets\SnippetsCustom.xml

Expression Web

あらかじめ組み込まれているコードスニペットの場所

C:\Program Files\Microsoft Expression\Templates\1041\Snippets12\FPSnippets.xml


※このXMLファイルは、バックアップする必要はありません。

ユーザーによって作成されたコードスニペットの場所

%AppData%\Microsoft\Expression\Web Designer\Snippets\SnippetsCustom.xml

ユーザーにより作成されたコードスニペットをバックアップする方法

Expression Webの場合

  1. [スタート]ボタン→[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
  2. %AppData%\Microsoft\Expression\Web Designer\Snippets\SnippetsCustom.xml
    と入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    ファイル名を指定して実行
  3. 「SnippetsCustom.xml」ファイルがメモ帳で開きますので、
    [ファイル]→[名前を付けて保存]をクリックして、バックアップしたい場所に保存します。
    スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、 Expression Web Users Forum に投稿してください!

▲このページのトップへ