www.wanichan.com

VLOOKUP関数を使用してデータを検索するには

関数を使ってデータを検索する
最終更新日時:2020/10/17 18:53:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配列の左端列で特定の値を検索し、対応するセルの値を返すには、検索/行列関数のVLOOKUP関数を利用します。データは昇順で並べ替えておく必要があります。

はじめに

商品コードを入力すると、それに対応した商品名や単価を表示するようにするには、VLOOKUP関数を利用します。

VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)
検索値検索したい値、またはその値が入っているセルを指定。
範囲検索対象となる表のセル範囲を指定(このうち、一番左の列が「検索値」の検索対象となる)。
列番号「範囲」の何列目の値を検索結果として求めるか、数値で指定。
検索方法以下のいずれかを選択。省略すると「TRUE」。
  • 検索値の近似値を含めて検索(具体的には検索値未満の最も大きい値):「TRUE」または「1」
  • 検索値に完全一致する値だけを検索:「FALSE」または「0」

商品コードを用意する

サンプルファイル(sample3.xlsx)にはあらかじめ「商品コード」のシートがあります。もし一から作りたい場合は、以下の商品コードを作成してください。シート名は「商品コード」としてください。ちなみに、シートの名前を変更するには、そのシート見出しをダブルクリックして直接入力します。

 ABC
1商品コード商品名単価
21001ワニchanシャンプー700
31002ワニchanリンス700
41003ワニchanボディシャンプー500
51004ワニchanローション650
61005ワニchan乳液650
71006ワニchanお試しセット1000
8   

商品名を求める

  1. B9セルを選択し、[数式]タブの[検索/行列]をクリックして一覧から「VLOOKUP」を選択します。
    指定された範囲の1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返します。データは昇順で並べ替えておく必要があります。
  2. [検索値]にはA9セルを選択します。
  3. [範囲]ボックスにカーソルを移動して、「商品コード」シートを開きます。
  4. 商品コードのデータ範囲(A2:C7)を選択します。
  5. 数式コピーしてもずれないようにするためにF4キーを1回押します。
  6. 商品名は2列目にあるので[列番号]には 2 と入力します。
  7. [検索方法]は「FALSE」または「0」と入力して[完了]ボタンをクリックします。
  8. 商品コードに対する商品名が表示されました。

B9セルの数式は以下の通りです。

=VLOOKUP(A9,商品コード!$A$2:$C$7,2,0)

単価を求める

商品コード表の3列目に単価を参照できるので、C9セルの数式は以下の通りになります。

=VLOOKUP(A9,商品コード!$A$2:$C$7,3,0)

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.42

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ