www.wanichan.com

wanichan's office 365

深夜勤務時間を求めるには

Section 5 タイムシートの作成
最終更新日時:2018/10/20 18:31:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel for iPadで 夜勤で深夜勤務時間を求めるには、日をまたぐ場合に24時間加算して計算するほうがシンプルです。ここでは、22時から29時(午前5時)までを深夜時間帯にする方法について説明します。

はじめに

夜勤で深夜勤務時間を求めるためには、日をまたぐ場合に24時間加算して計算するほうがシンプルです。そのまま午前2時を 2:00 と入力した場合、数式が複雑になり、なかなか期待通りの結果を得ることができません。Excelでは 26:00 と入力すると 2:00 と表示されます。しかし残念ながら、iPadでは26:00と表記するようにセルの書式設定が行えません。

ABCDEFGHI
1 月日曜日 開始時刻終了時刻 休憩時間勤務時間 時間内時間外 深夜早朝
2 6月1日9:0018:151:00 8:158:00 0:15
3 6月2日9:0020:301:00 10:308:00 2:30
4 6月3日  
5 6月4日  
6 6月5日9:0017:001:00 7:00 7:00
7 6月6日9:00 17:301:007:307:30
8 6月7日18:002:001:00 7:00
9 6月8日
10 6月9日
11 6月10日
12 6月11日
13 6月12日
14 6月13日
15 6月14日
16 6月15日

シフト制で、昼間も夜間も勤務する場合、以下の数式で求めることができます。

="5:00"-MIN("5:00",開始時刻)+MIN("29:00",終了時刻)-MIN(MAX("22:00",開始時刻),終了時刻)

さらに、開始時刻が空白の場合は空白処理を行うには、以下の数式で成り立ちます。

=IF(開始時刻="","","5:00"-MIN("5:00",開始時刻)+MIN("29:00",終了時刻)-MIN(MAX("22:00",開始時刻),終了時刻))

深夜早朝時間を求める

  1. I2セルをアクティブセルにし、数式バーに以下の数式を入力します。
    =IF(C2="","","5:00"-MIN("5:00",C2)+MIN("29:00",D2)-MIN(MAX("22:00",C2),D2))
    ↓
  2. 下方向に数式コピーすることで、深夜早朝の時間が求められました。

※執筆環境:Excel for iPad バージョン 2.2.1

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ