www.wanichan.com

HLOOKUP関数を使用してデータを検索するには

関数を使ってデータを検索する
最終更新日時:2020/10/17 18:53:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配列の上端行で特定の値を検索し、対応するセルの値を返すには、検索/行列関数のHLOOKUP関数を利用します。検索値未満の最も大きい値を求めるには、[検索方法]を空白または「1」を入れるとOKです。

概要

「VLOOKUP」は縦方向に並んだ表を検索しますが、横方向に並んだ表を検索するには「HLOOKUP」関数を使います。検索方法の引数を省略すると「TRUE」とみなされ、その値を満たすものが検索されます。

指定したテーブルまたは配列の先頭行で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返します。

=HLOOKUP(検索値,範囲,行番号,検索方法)

検索値検索したい値、またはその値が入っているセルを指定。
範囲検索対象となる表のセル範囲を指定(このうち、一番の上の行が「検索値」の検索対象となる)。
行番号「範囲」の何行目の値を検索結果として求めるか、数値で指定。
検索方法以下のいずれかを選択。省略すると「TRUE」。
  • 検索値の近似値を含めて検索(具体的には検索値未満の最も大きい値):「TRUE」または「1」
  • 検索値に完全一致する値だけを検索:「FALSE」または「0」
ここでは例として、年齢からステータスを求める方法を紹介します。

操作方法

  1. 求めたいセルをクリックし、[数式]タブの[検索/行列]をクリックして、一覧から「HLOOKUP」を選択します。
    指定したテーブルまたは配列の先頭行で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返します。
  2. [検索値]にコードセルを選択します。
  3. [範囲]にコード表のデータ部分を選択します。
  4. 参照セルを固定するためにF4キーで絶対参照にします。
  5. コード表の2列目を検索するので、[列番号]に「2」と入力します。
  6. [完了]をクリックします。
  7. 数式コピーすることで、すべての値が求められました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.42

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ