www.wanichan.com

PMT関数を使用して財務データを計算するには

データ分析を実行する
最終更新日時:2021/04/07 09:56:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指定した利率と期間で定期的な返済をした場合の1回あたりの金額を求めるには、PMT関数を利用します。

はじめに

PMT関数では、一定利率の支払いが定期的に行われる場合の、ローンの定期支払額を算出できます。

=PMT(利率,期間,現在価値,将来価値,支払期日)
利率
ローンの1期間あたりの利率を指定します。たとえば、年率 6% のローンを四半期払いで返済する場合、利率には 6%/4 = 1.5 (%) を指定します。
期間
ローン期間全体での支払回数の合計を指定します。
現在価値
投資の現在価値、つまり、将来行われる一連の支払いを現時点で一括払いした場合の合計金額、または元金を指定します。
将来価値
投資の将来価値、つまり最後の支払いを行った後に残る現金の収支を指定します。将来価値を省略すると、0を指定したとみなされます。
支払期日
返済する期日を指定します。期末の場合は「0」、期首の場合は「1」を指定します。省略すると「0」になります。

操作方法

  1. 求めたいセルを選択し、[数式]タブの[関数ライブラリ]グループの[財務]をクリックします。
  2. 一覧から[PMT]を選択します。
  3. [利率]には、年利が入ったセルを選択して絶対参照のためにF4キーを1回押し、続けて/12 と入力します。
  4. [期間]には、返済期間のセルを選択して、右方向に数式コピーしてもずれないようにF4キーを3回押して列固定します。
  5. [現在価値]には、借入金のセルを選択し、下方向に数式コピーしてもずれないようにF4キーを2回押して行固定します。
  6. [将来価値]は、ローンを完済したときにゼロになるので「0」と入力します。
  7. [支払期日]には、支払日のセルを参照し、F4キーを1回押します。
  8. [完了]ボタンをクリックします。
  9. 数式の入ったセルの右下のフィルハンドルをドラッグして、他のセルに数式コピーします。
  10. すべての値が求められました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.42

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ