www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

曜日を数値として表示したい

日付や時刻の疑問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEEKDAY関数を利用します。

概要

日付に対して何曜日かを求めるにはTEXT関数を利用しますが、その曜日を計算できる数値として値を返す場合はWEEKDAY関数を利用します。たとえば、土日の場合のみ別処理したいときに応用できます。

=WEEKDAY(シリアル値,種類)

種類には、以下の3種類あります。省略すると「1」になります。

種類
1 12 34 56 7
2 1 23 45 67
3 0 12 34 56

土日の売上金額を合計するには、検索条件を満たす数値を合計するSUMIF関数を利用します。

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

ここでの[範囲]にはWEEKDAY関数で求めた曜日の数値が入ったセル範囲、[検索条件]には土日、[合計範囲]は売上の数値が入ったセル範囲を指定します。

WEEKDAY関数の[種類]を「2」にすれば、SUMIF関数の[検索条件]として「6以上」と指定できます。

操作方法

  1. 曜日の数値を求めたいセルを選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  2. [関数の挿入]ダイアログボックスの[日付/時刻]関数のなかから「WEEKDAY」を検索して[OK]ボタンをクリックします。
  3. [シリアル値]の引数として日付セルを選択します。
  4. [種類]の引数では「2」と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 下のセルまで数式コピーします。
  6. 土日の売上合計を求めるセルを選択して[関数の挿入]ボタンをクリックします。
  7. SUMIF関数を検索します。
  8. [範囲]には数値化された曜日のセル範囲を選択します。
  9. [検索条件]には「>=6」と入力します。
  10. [合計範囲]には、ここでは売上の金額のセル範囲を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  11. 土日のみの売上を集計することができました。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ