www.wanichan.com

金額を求めるには

数式入力 (1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Excelで四則計算の方法について説明します。

はじめに

金額は、単価に数量を乗じた値となりますね? Excelでの掛け算×は、*(アスタリスク)を利用します。

金額=単価*数量
 ABCDEF
1  ご 請 求 書   
2       
3 御中  和 弐 株式会社
4お客様コード  〒530-**** 大阪市北区○○1-2-3
5    TEL 06-637*-8282
6 下記の通りご請求申し上げます。  
7      
8商品コード商品名単価数量金額納品日
9 シャンプー 7002  
10      
11      
12      
13      
14      
15  合計金額  
16  消費税(5%)   
17  ご請求金額  
18      
19      

数式入力方法

  1. あらかじめ、B9セルには「シャンプー」、C9セルに「700」、D9セルに「2」と入力しておきます。
  2. E9セルをクリックします。
  3. 日本語入力がオフになっていることを確認します。もし入力モードが「あ」になっている場合は、キーボードの半角/全角キーを押します。
  4. 数式バーのボックスをクリックしてカーソルを移動して「=」(Shift+)と入力します。
  5. 単価の値が入ったC9セルを選択します。
  6. 続いて*(テンキーボードの9の上)を入力して、数量の値が入ったD9セルをクリックします。
    *を押す
    ↓
    D9セルをクリック
  7. Enterキーを押すと、金額が求められました。

E9セルの数式は以下の通りです。

=C9*D9

再計算されるか確認する

単価と数量の入ったセルを選択してDeleteキーを押すと、金額には「0」に変わります。これは、Excelの再計算機能によって反映されるのです。

C9:D9を選択してDeleteキーを押すと
↓
E9セルが「0」になった
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ