www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

グラフに補助目盛線を追加するには

グラフを変更する
最終更新日時:2021/05/11 21:20:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロットエリアに補助目盛線を引くには、グラフを選択して[グラフ要素]ボタンから[目盛線]、もしくは[グラフのデザイン]タブを開き、[グラフのレイアウト]の[グラフ要素の追加]一覧より[目盛線]をポイントして[第一補助縦軸]または[第一補助横軸]を選択します。ただし、横棒グラフの場合、数値軸は縦軸になるので注意してください。

グラフ要素ボタンから補助目盛線の追加

  1. 対象となるグラフを選択し、グラフ右上の[グラフ要素]ボタンをクリックします。
    タイトル、凡例、グリッド線、データ ラベルなどのグラフ要素を追加、削除、または変更します。
  2. グラフ要素から[目盛線]の▶をクリックします。
  3. 一覧から[第1補助縦軸]または[第1補助横軸]にチェックをつけます。
    第一補助横軸にチェック

リボンタブコマンドから補助目盛線の追加

  1. グラフを選択し、[グラフのデザイン]タブの[グラフ要素を追加]ボタンをクリックします。
  2. [目盛線]をポイントして、[第一補助縦軸]または[第一補助横軸]を選択します。
  3. 補助目盛線が追加されました。

補助目盛線の書式変更

補助目盛線の書式を変更するには、グラフ内の補助目盛線をダブルクリックするか、[書式]タブの[現在の選択範囲]グループで目的の補助目盛線を選択し、[選択対象の書式設定]をクリックします。

↓

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ