www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

名前を付けて保存するには

文書を保存する、共有する
最終更新日時:2021/05/16 11:12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PC内など、クラウド以外に保存されている元の文書ファイルを保持するには、別名で保存すると確実です。[ファイル]タブの[名前を付けて保存]を選択し、保存先を指定して、ファイル名を指定します。

現在のフォルダーに名前を付けて保存

  1. あらかじめ、サンプルファイルを自分のPC上の[ダウンロード]フォルダーに保存しておき、そのファイルを開きます。保護ビューで表示されたら[編集を有効にする]ボタンをクリックして解除してください。
  2. [ファイル]タブを開きます。
  3. [名前を付けて保存]を選択します。
  4. 右側のファイル名ボックスにファイル名を入力して[保存]ボタンをクリックします。
  5. 別名でファイルが保存されました。

ほかの場所に保存する

ほかの場所に保存するには、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。

以下のいずれかの方法で行えます。

  • [ファイル]タブの[名前を付けて保存]から[参照]をクリック
  • 右側の(1つ上のレベルに移動)の右側のをクリック
    ↓

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ