www.wanichan.com

Excelから貼り付けたテーブルの旧式コードを除去するには

検索と置換
 
最終更新日時:2020/07/20 07:57:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Excelの表をExpression Webに貼り付けた場合、旧式コードが入ってしまいます。このコードを最適化するには、検索と置換機能を利用するとOKです。

はじめに

原稿データがExcelの表で、Expression Webで管理されているWebページに貼り付けたいという場合がありますよね。

「ちょっとこの表に差し替えて」と言われたとき、普通にコピペすればいいのですが、貼り付けられた表には旧式のタグが含まれています。

  • font タグ
  • tableやtdタグ内のwidth 属性
  • tdやtrタグ内のheight 属性

これらの旧式コードは、検索と置換機能で除去できます。

操作方法

  1. Excelで対象となる表をコピーします。
  2. Expression Webにタスクを切り替えて、貼り付けます。
  3. 貼り付けオプションボタンの▼をクリックして、[書式の削除]をクリックします。
    20120418-1
    20120418-2
  4. Ctrlキーを押しながらHキーで[検索と置換]ダイアログボックスを表示します。
  5. [HTMLタグ]タブを開き、fontタグを削除します。
    20120418-4
  6. tableタグ内のwidth属性を削除します。
    tableタグ内のwidth属性を削除
  7. 検索するタグをtdに切り替えて、tdタグ内のwidth属性を削除します。
    tdタグ内のwidth属性を削除
  8. 属性をheightに切り替えて、tdタグ内のheight属性を削除します。
    tdタグ内のheight属性を削除
  9. 検索するタグをtrに切り替えて、trタグ内のheight属性を削除します。
    trタグ内のheight属性を削除

備考

colsgroup タグも必要ないと感じる場合は、除去してもOKです。

<colgroup>
<col width="72" /><col width="97" /><col width="89" />
<col width="72" /><col width="105" />
</colgroup>
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は解決しましたか?

操作方法、設定方法等で困ったら、 Expression Web Users Forum に投稿してください!

▲このページのトップへ