www.wanichan.com

スパークラインを挿入するには

データを視覚的にまとめる
最終更新日時:2020/07/29 10:05:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スパークライン」とは、ワークシートのセル内でデータを視覚的に表現する小さなグラフです。[挿入]タブの[スパークライン]グループから目的のスパークラインを選択します。[挿入]メニューの[スパークライン]からは、折れ線スパークラインが挿入されます。

はじめに

「スパークライン」とは、1つのセルに収まるように小さく表示されたグラフです。それぞれのスパークラインは、選択範囲の中の1行分のデータに相当します。条件付き書式のデータバーやアイコンセットでは、データセル内に表現しますが、スパークラインは別途それぞれのグラフだけをセル内で表現します。

スパークラインは「折れ線スパークライン」「縦棒スパークライン」「勝敗スパークライン」の3種類あります。

折れ線スパークラインを挿入する

  1. スパークラインを配置したい場所を選択し、[挿入]タブの[スパークライン]をクリックします。
  2. [折れ線]を選択します。
    スパークラインとは、1つのセルに収まるように小さく表示されたグラフです。それぞれのスパークラインは、選択範囲の中の1行分のデータに相当します。
  3. データ範囲を指定して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 折れ線スパークラインが挿入されました。

メニューから操作する

  1. スパークラインを配置したい場所を選択し、[挿入]メニューの[スパークライン]を選択します。
  2. スパークラインのデータ範囲を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  3. 折れ線スパークラインが挿入されました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.39

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ