www.wanichan.com

無効なデータが入力された時のエラーメッセージを指定するには

データの書式設定と検証
最終更新日時:2022/07/16 16:21:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無効なデータが入力されて初めて表示するエラー メッセージは、自由に指定が可能です。選択できるエラー メッセージは「停止」「注意」「情報」の3種類です。対象となるセル範囲を選択し、[データ]メニューの[入力規則]もしくは[データ]タブを開いて[データツール]グループの[入力規則]をクリックし、[データの入力規則]ダイアログボックスの[エラーメッセージ]タブで行えます。

はじめに

無効なデータが入力された時、既定では以下のような定型メッセージが表示されます。

この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。

これをユーザーに分かりやすく自由に指定が行えます。

選択できるエラー メッセージは「停止」「注意」「情報」の3種類です。

停止アイコン停止
ユーザーがセルに無効なデータを入力できないようにします。
停止エラー メッセージには [再試行] と [キャンセル] の2つのオプションボタンがあります。
注意アイコン 注意
入力されたデータが無効であることを警告しますが、データの入力は許可します。
注意エラー メッセージが表示された場合は、[はい] をクリックして無効な入力を続けるか、[いいえ] をクリックして無効な入力値を編集するか、[キャンセル] をクリックして無効な入力値を削除できます。
情報アイコン 情報
入力されたデータが無効であることを通知しますが、データの入力は許可します。 これは最も柔軟性が高いエラー メッセージです。
情報エラー メッセージが表示された場合は、[OK] をクリックして無効な入力を続けるか、[キャンセル] をクリックして無効な入力値を削除できます。

操作方法

  1. 対象となるセル範囲にはあらかじめ、入力規則の設定を済ませておき、そのセル範囲を選択し、[データ]メニューの[入力規則]もしくは[データ]タブを開いて[データツール]グループの[入力規則]をクリックします。
  2. [データの入力規則]ダイアログボックスの[エラーメッセージ]タブを開いて、スタイルを選択します。ここでは[停止]を選択します。
  3. タイトルとメッセージをそれぞれ入力して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 無効なデータを入力してみましょう。
  5. 指定されたエラーメッセージが表示されました。ここで[再試行]ボタンをクリックします。
  6. 再入力画面になりました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.41

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ