www.wanichan.com

エラーをトレースするには

数式のトラブルシューティングを行う
最終更新日時:2020/11/14 18:21:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数式結果がエラー値の場合、そのエラーをトレースするには、[ツール]メニューの[分析]をポイントして[エラーのトレース]を選択するか、[数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[エラーチェック]の▼をクリックして[エラーをトレース]をクリックします。

メニューから操作する

  1. 対象となるセルを選択し、[ツール]メニューの[分析]をポイントして[エラーのトレース]を選択します。
    現在選択中のセルの値から影響を受けるセルを示す矢印を表示します。
  2. エラーのトレースの矢印が表示されました。
  3. トレースの矢印を消すには、[ツール]メニューの[分析]をポイントして[すべてのトレース矢印を削除]を選択するとOKです。

リボンから操作する

  1. エラーを引き起こす原因を分析したいセルを選択します。
  2. [数式]タブを開き、[ワークシート分析]グループの[エラーチェック]の▼をクリックして[エラーをトレース]をクリックします。
  3. エラーのトレースの矢印が表示されました。

備考

トレースの矢印を消すには、[トレース矢印の削除]をクリックするとOKです。

↓

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.42

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ