www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文字列のユーザー定義の表示形式を設定するには

データに表示形式や入力規則を適用する
最終更新日時:2022/04/05 20:45:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名前の後に「様」を付けたりするには、設定したいセル範囲を選択し、[ホーム]タブの[数値]グループの[数値の書式]ボックスの▼をクリックして[その他の表示形式]をクリックするか、[数値]グループ右下のダイアログボックス起動ツールをクリックして[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブを開き、[ユーザー定義]にて行えます。

はじめに

文字列のユーザー定義の表示形式の設定方法には、次のようなものがあります。文字列を表すものとして@を使うとOKです。

入力データ 表示形式 表示結果
わにちゃん @"様" わにちゃん様
わにちゃん "ピンクの"@ ピンクのわにちゃん

操作方法

  1. 文字列が入ったセルを選択して、[ホーム]タブの[数値]グループのの[数値の書式]ボックスの▼をクリックして[その他の表示形式]をクリックするか、右下のダイアログボックス起動ツールをクリックします。
  2. [セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブを開き、[ユーザー定義]を選択します。
  3. [種類]一覧から[@]を選択します。
  4. その後に「様」と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 文字列のユーザー定義の表示形式が設定されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ