www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

すべてのスライドを配布資料として印刷するには

プレゼンテーションの印刷設定を行う
最終更新日時:2022/04/08 12:37:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配布資料の1ページあたりのスライド数や順序を設定するには、[ファイル]タブを開き、[印刷]をクリックして、[フルページのスライド]から[配布資料]一覧からレイアウトを選択します。できるだけ配布資料の余白を小さくしたい場合は、[用紙に合わせて拡大/縮小]にチェックを付けます。ただし、配布資料の余白をもっと小さくするには、配布資料として印刷をせず、[フルページサイズのスライド]の状態でプリンターの割り付け印刷を利用したほうがよいでしょう。

はじめに

プレゼンテーションを印刷する際、既定では[フルページサイズのスライド]となります。

配布資料として、以下の9パターンの中から選択します。

  • 1スライド
  • 2スライド
  • 3スライド
  • 4スライド(横)
    スライドの順序:横方向
  • 6スライド(横)
    スライドの順序:横方向
  • 9スライド(横)
    スライドの順序:横方向
  • 4スライド(縦)
    スライドの順序:縦方向
  • 6スライド(縦)
    スライドの順序:縦方向
  • 9スライド(縦)
    スライドの順序:縦方向

配布資料のオプションを設定する

  1. [ファイル]タブを開き、[印刷]をクリックします。
  2. [フルページのスライド]から[配布資料]一覧からレイアウトを選択します。(横)は横方向、(縦)は縦方向にスライドが並べられます。
  3. 既定では各スライドに枠線表示されます。枠線を非表示にするには[スライドに枠を付けて印刷する]のチェックを外します。
  4. できるだけ配布資料の余白を小さくしたい場合は、[用紙に合わせて拡大/縮小]にチェックを付けます。
    ↓
  5. 既定では[縦方向]になり、縦向き印刷されます。横向き印刷にするには[横方向]を選択します。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ