www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

発表者ツールを使用するには

スライドショーを設定する、実行する
最終更新日時:2021/11/24 15:15:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライドショー実行中にメモを確認するには、[スライドショー]タブを開き、[モニター]グループの[発表者ツールを使用する]にチェックをつけます。発表者ツールを利用することで、スライドショー実行時に発表者の端末には経過時間とノートが表示され、プロジェクターにはスライドショーを表示することができます。

はじめに

PowerPointを使ったプレゼンでは、プロジェクタを利用するケースがほとんどだと思います。ところで、スライドショーの実行中にメモが見られないことについて、不便を感じたことはありませんか?

そんな場合は、「発表者ツール」を利用するとよいでしょう。この機能を利用すると、プロジェクタにはスライドショーが、発表者側のPCには発表者ツールが表示されます。ただし、あらかじめプロジェクタのモニタをデュアルディスプレイモードとして接続する必要があります。

この記事では、発表者ツールを利用して、複数のモニタを使ってプレゼンを行う方法を紹介します。

発表者ツールを利用してスライドショーを開始するには

  1. [スライドショー]タブを開き、[発表者ツールを使用する]にチェックがついていることを確認します。
  2. スライドショー実行時には、外部モニタ(プロジェクタ)にスライドショーが表示され、発表者側のPCモニタに下の図のように発表者ツールが表示されます。

発表者ツールの操作方法

発表者ツールにはそれぞれアイコンが表示されています。それぞれ目的の操作したいアイコンをクリックするとOKです。

ペンとレーザーポインターツール
ペンやレーザーポインターツールを使用します。
すべてのスライドを表示します
スライド一覧を表示します。
スライドを拡大します
そのまんまです。
スライドショーをカットイン(カットアウト)します
カットインするとスライドを非表示にしてスクリーンを暗くします。もう一度クリックすると再表示します。
その他のスライドショーオプション
その他のスライドショーのオプションメニューが表示されます。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ