www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

アニメーションを遅延させるには

アニメーションと画面切り替えのタイミングを設定する
最終更新日時:2022/04/05 20:56:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一定の秒数が経過したあとにアニメーションを再生させるには、対象となるオブジェクトを選択し、[アニメーション]タブの[タイミング]グループの[遅延]ボックス、または[効果のオプション]ダイアログボックスの[タイミング]タブ内の[遅延]ボックスで遅延時間を設定します。

[アニメーション]タブの[タイミング]グループから操作する

  1. アニメーションウィンドウを表示します。表示されていない場合は[アニメーション]タブを開き、[アニメーションウィンドウ]をクリックします。
    このスライドでアニメーションのタイムラインを表示、編集できるように、[アニメーションウィンドウ]を開きます。
  2. [アニメーション]タブの[タイミング]グループの[遅延]ボックスから遅延のタイミングを設定します。
    一定の数秒が経過した後で、アニメーションを再生します。
  3. 選択したアニメーションが2秒後に設定すると、アニメーションウィンドウのアニメーションバーがシフトされました。

ダイアログボックスから設定する

  1. アニメーションウィンドウを表示します。表示されていない場合は[アニメーション]タブを開き、[アニメーションウィンドウ]をクリックします。
    このスライドでアニメーションのタイムラインを表示、編集できるように、[アニメーションウィンドウ]を開きます。
  2. アニメーションウィンドウから該当するアニメーションを選択し、▼をクリックして、[タイミング]を選択します。
  3. アニメーションの効果オプションダイアログボックスの[タイミング]タブ内の[遅延]の設定を設定して[OK]ボタンをクリックします。
  4. [アニメーション]タブの[遅延]がその遅延時間に設定され、アニメーションウィンドウがシフトされました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ