www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

ラベル印刷のアドレス帳を差し替えるには

差し込み印刷を行う
最終更新日時:2022/07/16 17:07:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

送り先のユーザーのリストデータを差し替えるには、[差し込み文書]タブの[差し込み印刷の開始]グループの[宛先の選択]一覧より[既存のリストを使用]を選択し、アドレス帳データファイルを選択します。ただし、差し替え前と差し替え後のフィールドの名前が同じではない場合は、フィールドの対応をしなければいけないので注意してください。

はじめに

後でラベル印刷のアドレス帳を差し替える際、差し替え前と差し替え後のフィールドの名前が同じでない場合は、フィールドの対応が必要です。

ただし、元の住所フィールドが1つしかないのに、差し替え後の住所データがいくつも分かれている場合はフィールドの対応ができないので注意してください。

住所フィールドを一つにするには、その一つにするための列を挿入し、セルの書式を「標準」にして、&でつなげる数式を作成します。その見出しは「住所」にするとOKです。

既存のリストの差し替え

  1. ラベルの差し込み文書として開くには』を参考に、差し込み文書として開いておきます。
  2. [差し込み文書]タブの[差し込み印刷の開始]グループの[宛先の選択]一覧より[既存のリストを使用]を選択します。
  3. アドレス帳データファイルを選択して[開く]ボタンをクリックします。
  4. Excelファイルの場合、住所録データが入ったシートやテーブルを選択して[OK]ボタンをクリックします。
  5. フィールドが一致しない場合、[無効な差し込みフィールド]が表示されます。ラベル印刷の場合は、この画面が何度も表示されます。ここでは「氏名」を「名前」に対応させて[OK]ボタンで対応していきます。
  6. アドレス帳が差し替えられました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ