www.wanichan.com

セル内の水平・垂直方向の配置を変更するには

セルと範囲を書式設定する
最終更新日時:2020/07/25 09:28:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既定では、上下中央揃えで文字列は左寄せ、数値データは右寄せで表示されます。[ホーム]タブの[配置]グループには、必要な配置方法を簡単に選択できます。[セルの書式設定]の[配置]タブでも、水平方向や垂直方向の配置を変更することが可能です。

はじめに

セル内の配置を変更するには、[ホーム]タブの[配置]グループで行えます。水平・垂直方向の配置は左列の6つのボタンです。

[配置]グループ
(上揃え)
文字列を上詰めで表示します。
(上下中央揃え)
セル内の文字列を上下中央に配置します。
(下揃え)
文字列を下詰めで表示します。
(左揃え)
セル内の内容を左詰めで表示します。
(文字列中央揃え)
セル内の内容を中央に揃えます。
(右揃え)
セル内の内容を右詰めで表示します。

中央揃えにする

  1. 中央揃えにしたいセルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[配置]グループから[文字列中央揃え]をクリックします。
    セルの内容を中央に揃えます。
  3. 選択したセルが中央揃えになりました。

備考

[フォーマット]メニューの[セル]で[セルの書式設定]の[配置]タブでも、水平方向や垂直方向の配置を変更することが可能です。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.39

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ