www.wanichan.com

ウォーターフォールグラフを作成または変更するには

高度なグラフの作成と修正
最終更新日時:2020/12/13 20:15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターフォールグラフ(滝グラフ)は、最初の値 (たとえば、収益) が、一連の正の値(粗利)または負の値(原価や管理費)によって、どのように増減するのかを把握するのに役立ちます。 データ範囲を選択して[挿入]タブの[ウォーターフォール]一覧より[ウォーターフォール]を選択します。あとで合計値のデータ要素を、データ要素の書式設定で合計として設定する必要があります。

ウォーターフォールグラフの作成

  1. データ範囲を選択して[挿入]タブの[ウォーターフォール]を選択します。
  2. 一覧から[ウォーターフォール]を選択します。

合計として設定

  1. ウォーターフォールグラフ内で、合計として設定したいデータ要素を選択し、右クリックして[データ要素の書式設定]を選択するか、[書式]タブの[書式ウィンドウ]、または[フォーマット]メニューの[書式の選択]を選択します。
  2. データ要素の書式設定の[オプション]で、[合計として設定]にチェックを入れます。

コネクタの表示または非表示

コネクタ線は、各列の終わりと次の列の始まりを接続し、チャート内のデータの流れを示すのに役立ちます。既定では表示になっています。非表示にするには、データ系列を右クリックしてショートカットメニューの[データ系列の書式設定]を選択し、ウォーターフォールの[コネクタを表示]のチェックを外します。

↓

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.43

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ