www.wanichan.com

ツリーマップ図を作成または変更するには

高度なグラフの作成と修正
最終更新日時:2020/12/13 20:15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえば、どの項目が店舗の最良の商品であるかなど、パターンの特色を表すために、階層内の割合を比較するにはツリーマップ図を選択するのがよいでしょう。ツリーマップ図は、色と近接性によってカテゴリを表示し、他のグラフでは表現することが難しい大量のデータをまとめて表示できます。一方、最も大きなカテゴリと各データポイントの間の階層レベルを示したい場合は、サンバースト図を選択します。

ツリーマップ図を作成する

  1. データ範囲を選択し、[挿入]タブの[グラフ]グループより[階層]をクリックします。
  2. 一覧から[ツリーマップ]を選択します。
  3. ツリーマップ図が作成されました。

ラベルの表示方法を変更するには

既定のラベルはツリーマップに重ねて表示されますが、バナー表示、あるいは「なし」にすることも可能です。ここでは、バナー表示にしてみましょう。

  1. ツリーマップ全体を右クリックして、ショートカットメニューより[データ系列の書式設定]を選択します。
  2. [系列のオプション]を開き、ツリーマップの[ラベルオプション]ボックス一覧より[バナー]を選択します。
  3. ラベルがバナー表示になりました。

備考

複数の系列を選択した場合は、一番左側の割合が表示されます。系列を売上金額のみにすると、以下のように売上金額の割合が表示されます。

系列を変更すると、ラベルが非表示になります。右クリックしてショートカットメニューより[データラベルの追加]をクリックするとOKです。

↓

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.43

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ