www.wanichan.com

wanichan's office 365

文字列にアニメーションを適用するには

アニメーションの適用
最終更新日時:2020/02/11 12:29:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文字列に効果的なアニメーションは、「強調効果」カテゴリーの文字色や文字書式のアニメーションスタイルを選択するとよいでしょう。箇条書き等の段落単位であれば、[強調効果]カテゴリーのほぼすべてのアニメーション効果を利用できます。

アニメーションウィンドウの[効果オプション]で、アニメーションの後に色を変更したり、サウンドを追加することも可能です。ただし、PowerPoint for Macでは、テキストの動作オプションはサポートされていません。

はじめに

文字列にのみ適用できるアニメーションは、[アニメーション]タブの「強調効果」カテゴリーに分類されているもののうち、以下のタイプかと思います。複数のアニメーションを組み合わせて使うことも可能です。

フォントの色
テキストが指定したフォントの色になります。
ボールドフラッシュ
テキストが太字で点滅し、その後元に戻ります。
ブラシの色
テキストが指定した色で左から右に塗られます。
下線
テキストに下線が引かれます。
カラーで拡大
テキストのサイズが大きくなり、指定した色に変更されます。
シマー
テキストが風になびくように表示されます。
太字表示
テキストが太字フォントに変更されます。

文字列にアニメーションを適用する

  1. アニメーションを適用したい文字列を選択し、[アニメーション]タブの[強調効果]を選択します。
  2. 一覧から選択します。
    テキストが風になびくように表示されます。
  3. 文字列にアニメーションが適用されました。

文字列のアニメーションの後の動作を指定する

既定では、強調アニメーションの後の動作は「淡くしない」が選択されています。必要に応じて、アニメーションの後の文字色を変更できます。

  1. アニメーションウィンドウの[効果オプション]を展開し、[アニメーションの後の動作]プルダウンの▼をクリックします。
  2. 一覧からアニメーションの後の文字色を選択します。

※執筆環境:Microsoft PowerPoint for Mac バージョン 16.35

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ