www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

数値セルの個数を数えるには

関数を使用してデータを集計する
最終更新日時:2021/02/03 22:02:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数値の入ったセルの個数を数えるには、COUNT関数を利用します。[オートSUM]ボタンの▼をクリックして[数値の個数]を選択すると簡単です。文字列以外の数値は、金額のほか、日付や時刻も含まれます。ここでは、開始時刻が入ったセルの数で出勤日数を求めてみましょう。

出勤日数を求める

  1. 出勤日数セルを選択します。
  2. [ホーム]タブあるいは[数式]タブの[オートSUM]ボタンの▼をクリックして、[数値の個数]を選択します。
  3. 最初は連続データの最初のセルから範囲選択されてしまいます。ここでマウス操作で正しく範囲指定してみましょう。
  4. まず最初のセルを選択し、そのまま下方向にドラッグします。
    ↓
  5. 出勤日数が求められました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ