www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

グラフを挿入するには

グラフを挿入する、変更する
最終更新日時:2022/07/16 17:01:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいスライド(タイトルとコンテンツ)を挿入して、コンテンツのプレースホルダーの[グラフの挿入]をクリックするか、[挿入]タブの[図]グループの[グラフ]をクリックし、[グラフの挿入]ダイアログボックスで、グラフの種類とグラフスタイルを選択します。

はじめに

PowerPoint 2019 で挿入できるグラフの種類は以下の通りです。

  • 縦棒
    • 集合縦棒
    • 積み上げ縦棒
    • 100%積み上げ縦棒
    • 3-D 集合縦棒
    • 3-D 積み上げ縦棒
    • 3-D 100%積み上げ縦棒
    • 3-D 縦棒
  • 折れ線
    • 折れ線
    • 積み上げ折れ線
    • 100%積み上げ折れ線
    • マーカー付き 折れ線
    • マーカー付き 積み上げ折れ線
    • マーカー付き 100%積み上げ折れ線
    • マーカー付き 折れ線
    • 3-D円
    • 補助円グラフ付き円
    • 補助縦棒付き円
    • ドーナツ
  • 横棒
    • 集合横棒
    • 積み上げ横棒
    • 100%積み上げ横棒
    • 3-D 集合横棒
    • 3-D 積み上げ横棒
    • 3-D 100%積み上げ横棒
    • 3-D 横棒
    • 積み上げ面
    • 100%積み上げ面
    • 3-D 面
    • 3-D 積み上げ面
    • 3-D 100%積み上げ面
  • 散布図
    • 散布図
    • 散布図(平滑線とマーカー)
    • 散布図(平滑線)
    • 散布図(直線とマーカー)
    • 散布図(直線)
    • バブル
    • 3-D効果付きバブル
  • マップ
    • 塗り分けマップ
  • 株価
    • 株価チャート(高値-安値-終値)
    • 株価チャート(初値-高値-安値-終値)
    • 株価チャート(出来高-高値-安値-終値)
    • 株価チャート(出来高-初値-高値-安値-終値)
  • 等高線
    • 3-D 等高線
    • ワイヤーフレーム 3-D 等高線
    • 等高線
    • ワイヤーフレーム 等高線
  • レーダー
    • レーダー
    • マーカー付きレーダー
    • 塗りつぶしレーダー
  • ツリーマップ
  • サンバースト
  • ヒストグラム
    • ヒストグラム
    • パレート図
  • 箱ひげ図
  • ウォーターフォール
  • しょうご
  • 組み合わせ
    • 集合縦棒 - 折れ線
    • 集合縦棒 - 第2軸の折れ線
    • 積み上げ面 - 集合縦棒
    • ユーザー設定の組み合わせ

コンテンツプレースホルダーから棒グラフを挿入する

  1. 新しいスライド(タイトルとコンテンツ)を挿入して、コンテンツのプレースホルダーの[グラフの挿入]をクリックします。
  2. [グラフの挿入]ダイアログボックスで、グラフの種類とグラフスタイルを選択して[OK]ボタンをクリックします。
  3. Excelのウィンドウが開くので、ここにデータを入力することで、グラフの値が反映されます。

リボンタブコマンドから挿入する

  1. [挿入]タブを開き、[図]グループの[グラフ]をクリックします。
    棒グラフ、面グラフ、折れ線グラフを挿入して、データのパターンや傾向を見つけやすくしましょう。
  2. [グラフの挿入]ダイアログボックスで、グラフの種類とグラフスタイルを選択して[OK]ボタンをクリックします。
  3. Excelのウィンドウが開くので、ここにデータを入力することで、グラフの値が反映されます。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ