www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文書の表示を変更するには

文書のオプションと表示をカスタマイズする
公開日時:2014/11/07 12:41:01
最終更新日時:2020/06/29 18:55:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2013での文書の表示方法は、「閲覧モード」「印刷レイアウト」「Webレイアウト」「アウトライン」「下書き」の5つあります。[表示]タブを開き、[文書の表示]グループから目的のビューを選択します。「閲覧モード」「印刷レイアウト」「Webレイアウト」の切り替えはタスクバーのボタンでも切り替えできます。

はじめに

文書の表示方法は以下の5パターンあります。既定では「印刷レイアウト」ビューが選択されます。

閲覧モード
文書の閲覧に適したモードです。このモードには、入力よりも閲覧を目的としたツールが用意されています。
印刷レイアウト
文書を印刷したときに、見た目がどのようになるのかを確認します。
Webレイアウト
Webページのレイアウトで文書を表示します。文書に横長の表がある場合は、このレイアウトが特に適しています。
アウトライン
文書をアウトライン形式で表示します。文書の内容は箇条書きで表示されます。
このビューは、見出しを作ったり、文書内の段落全体を移動したりするときに便利です。
下書き
ビューを切り替えて、文書内の文章のみを表示します。
ヘッダー、フッター、特定のオブジェクトが表示されなくなり文章に集中できるため、編集スピードが上がります。

ステータスバー右側には「閲覧モード」「印刷レイアウト」「Webレイアウト」にビューを切り替えるコマンドボタンが用意されています。

 

閲覧モードに切り替える

  1. [表示]タブを開き、[文書の表示]グループから[閲覧モード]を選択します。
  2. 閲覧モードに表示が切り替わりました。

印刷レイアウトに戻すには

以下のいずれかの方法で印刷レイアウトに戻せます。

  • [表示]タブを開き、[文書の編集]をクリックします。
  • ステータスバーから[印刷レイアウト]をクリックします。
スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ