www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

縦書きスタイルの差し込みフィールドを追加するには

封筒の宛名印刷
公開日時:2016/04/06 15:55:21
最終更新日時:2021/04/24 18:24:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word 2016で既定で挿入されるレイアウト枠を削除して、縦書きテキストボックスを挿入し、そのテキストボックスの枠線を削除して、その中に差し込みフィールドを挿入します。すでに縦向き封筒にした場合でも、レイアウト枠は残っているので注意してください。

はじめに

たとえば、長形3号にサイズ設定すると、横書きの横向きで設定され、自動的にレイアウト枠が中央下側に挿入されます。しかし、このレイアウト枠は欧米式の封書の場合であり、日本の封筒の位置とは少し異なります。

すでに縦向き封筒にした場合でも、下の図のようにレイアウト枠は残っています。そのレイアウト枠を削除して、縦書きテキストボックスを挿入しましょう。

レイアウト枠を削除し、縦書きテキストボックスを挿入する

  1. レイアウト枠を選択し、Deleteキーで削除します。
  2. [挿入]タブを開き、[テキストボックス]をクリックして[縦書きテキストボックスの描画]をクリックします。
  3. 縦書きテキストボックスを宛先あたりに描画します。
  4. テキストボックスを選択し、[図形の枠線]ボタンの▼をクリックします。
  5. 一覧から[線なし]を選択して、テキストボックスの枠線を削除します。

テキストボックス内に差し込みフィールドを入れる

  1. テキストボックス内にカーソルを移動します。
  2. [差し込み文書]タブを開き、[差し込みフィールドの挿入]の▼をクリックします。
  3. 一覧から差し込みたいフィールドを選択します。
  4. 差し込みフィールドが挿入されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ