www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

セル内の文字列の配置方法を変更するには

表を変更する
最終更新日時:2021/06/29 14:03:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セル内の文字列の配置方法を変更するには、設定したいセルを選択し、テーブルの[レイアウト]タブを開き、[配置]グループのそれぞれのセルの配置ボタンをクリックすると簡単です。右クリックしてショートカットメニューから配置方法を変更することも可能です。

はじめに

既定の文字列の配置方法は、[両端揃え(上)]となり、セルの左上を基準に文字列が配置されます。[ホーム]タブの[中央揃え]ボタン、もしくはCtrl+Cキーでセンタリングした場合は、[上揃え(中央)]となり、セルの中央上を基準に文字列が配置されますが、上下中央ではありません。セルの中心を基準に文字列を配置するには[中央揃え]を使います。

セル内の文字列の配置方法は以下の9パターンです。

両端揃え(上) 上揃え(中央) 上揃え(右)
両端揃え(中央) 中央揃え 中央揃え(右)
両端揃え(下) 下揃え(中央) 下揃え(右)

リボンコマンドから文字列の配置方法を変更する

  1. 設定したいセルを選択します。
  2. テーブルの[レイアウト]タブを開きます。
  3. [配置]グループの[中央揃え]をクリックします。
    セルの中心を基準に文字列を配置します。
  4. 選択したセルの文字の配置が上下中央の中央揃えになりました。

表のプロパティから文字列の配置方法を変更する

表のプロパティの[セル]で操作できるのは、垂直方向の配置のみです。

↓

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ