www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文書に書き込みパスワードを設定するには

共同作業用に文書を準備する
最終更新日時:2021/09/16 17:45:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不用意に文書が変更されるのを防ぐために、書き込みパスワードを設定することができます。[ファイル]タブを選択し、コンピューター上の場合は[名前を付けて保存]、OneDrive等のクラウド上の場合は[コピーを保存]をクリックして、[全般オプション]にて書き込みパスワードを設定します。書き込みパスワードを設定すると、そのパスワードを知っているものだけが上書き保存することができます。

はじめに

パスワードには「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」があります。

読み取りパスワード:パスワードを知っているユーザーのみ開くことができる
書き込みパスワード:パスワードを知っているユーザーのみ、文書の編集や保存ができる

[読み取り専用を推奨]にチェックを付けておくことで、読み取り専用で開くかどうかのメッセージが表示されるようになります。

書き込みパスワードの設定

  1. [ファイル]タブを開き、ホーム画面を表示します。
  2. コンピューター上の場合は[名前を付けて保存]、OneDrive等のクラウド上の場合は[コピーを保存]をクリックします。
  3. [その他のオプション]をクリックします。
  4. [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されたら、[ツール]をクリックして[全般オプション]をクリックします。
  5. [書き込みパスワード]ボックスにパスワードを入力します。
  6. 開くときに読み取り専用で開くかどうかのメッセージを表示したい場合は[読み取り専用を推奨]にチェックします。
  7. [OK]ボタンをクリックします。
  8. [書き込みパスワードをもう一度入力してください]ボックスにもう一度そのパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  9. [名前を付けて保存]ダイアログボックスの[保存]ボタンをクリックします。

書き込みパスワードで保護された文書を開くには

該当するファイルを開くときに書き込みパスワードを求められます。更新する必要がない場合は、読み取り専用で開くことも可能です。

次のセクション

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ