www.wanichan.com

OR関数をネストして論理演算を実行するには

式で論理演算を実行する
最終更新日時:2021/04/04 14:43:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指定した複数の条件のうち、どれか一つでも満たしているかどうかを判断したい場合、OR関数を利用します。通常、IF関数と組み合わせて使用されます。IF関数にOR関数を組み合わせることで、「~または~の場合」といった条件式を作成できます。

はじめに

たとえば、いずれかのセルに値が入っていない場合は空白、そうでなければ演算する、といった場合にOR関数を使用するとよいでしょう。

=OR(論理式1,論理式2,...)

引数には、論理式をカンマで区切って指定します。

IF関数にOR関数を組み合わせることで、「~または~の場合」といった条件式を作成できます。

F列に勤務時間を求めてみましょう。

勤務時間を求めるには、以下の数式で成り立ちます。

=終了時刻-開始時刻-休憩時間

すべての勤務時間に数式を入れると、データが入っていない場合は0になるので、ゼロを非表示する方法を選択するのがいいでしょう。

ゼロを非表示にする方法は、Excelのオプションでゼロ値を非表示にする方法、セルの書式設定でゼロ値を空白にする、IF関数でデータが入っていない場合は非表示にする方法の3通りあります。

ここでは、開始時刻または終了時刻にデータが入っていない場合は空白、それ以外は計算するように数式を作成してみましょう。

いずれかの条件を満たすにはOR関数を利用します。

数式は以下のようになります。

=IF(OR(開始時刻="",終了時刻=""),"",終了時刻-開始時刻-休憩時間)

操作方法

STEP 1 IF関数の論理式にOR関数をネストする

  1. 求めたいセルを選択して[数式]タブの[論理]関数より[IF]を選択します。
  2. IF関数の[論理式]にカーソルを移動して、名前ボックスから[その他の関数]を選択します。
  3. ORと入力して、一覧からOR関数を選択します。
  4. 数式パレットがOR関数に変わりました。

STEP 2 OR関数の論理式を入力する

  1. [論理式1]ボックスにカーソルを移動し、開始時刻セルを選択して「=""」と入力します。
  2. [論理式2]ボックスにカーソルを移動し、終了時刻セルを選択して「=""」と入力します。
  3. 数式バーの末尾にカーソルを移動します。

STEP 3 IF関数の続きを入力する

  1. 数式バーの末尾にコンマ(,)を入力すると、数式パレットがIF関数に戻ります。
  2. [値が真の場合]ボックスには"" と入力します。
  3. [値が偽の場合]ボックスには、終了時刻-開始時刻-休憩時間 になるようにセルを指定して、[完了]ボタンをクリックします。

STEP 4 セルの書式設定で時刻表示に変更する

  1. 時間がシリアル値になった場合は、commandキーを押しながら1キー、もしくは[フォーマット]メニューの[セル]を選択します。
  2. [セルの書式設定]ダイアログボックスで表示形式を選択します。
  3. 数式コピーすると、正しく数式結果が求められました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.41

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

▲このページのトップへ