www.wanichan.com

IF関数をネストして論理演算を実行するには

式で論理演算を実行する
最終更新日時:2020/10/04 19:53:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

値または数式が条件を満たしているかどうかを判定するには、IF関数を利用します。そこで、あらかじめ数式を入れて、参照するセルが空白の場合にエラー値を返さないようにするために、IF関数と組み合わせて参照するセルの値が入っていない場合に空白にする方法について説明します。

はじめに

あらかじめ、商品名や単価にVLOOKUP関数を使って数式を入れておくと、入っていない場合にエラー値が返されます。

この場合、空白の場合は空白処理をするようにIF関数を組み合わせるとよいでしょう。

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)
論理式 結果がTRUEまたはFALSEになる値、もしくは数式を指定。
ここでは「商品コードが空白の場合」を表す数式を指定します。
真の場合 <論理式>の結果がTRUEであった場合に返される値を指定。
空白の場合は""と指定します。
偽の場合 <論理式>の結果がFALSEであった場合に返される値を指定。
ここではVLOOKUP関数で検索するように数式を指定します。

ただし、Excel for Macの数式パレットはそれぞれの関数のヘルプにすぎず、Windows版とは異なります。数式作成時に複数の関数を使用する場合は、数式パレットを使用せず、直接数式バーに入力する必要があります。

IF関数を組み合わせて商品名を求める

「もし、商品コードが空白の場合は、空白に、それ以外の場合は、[商品コード]というシートからのコード表を参照して該当商品名を表示する」

この数式を入力してみましょう。

  1. 数式を入力したいセルを選択し、数式が入っている場合はあらかじめDeleteキーで消しておきます。
  2. そのまま「=IF(」と入力し、A9を選択して「="","",VLOOKUP(」と入力します。
  3. A9を選択したあと、「,」を入力します。
  4. コード表を範囲指定してF4キーを1回押します。
  5. 続けて、「,2,0)」と入力します。
  6. 括弧が足りない場合は以下のメッセージが表示されます。[はい]ボタンをクリックします。
  7. B9セルの数式は以下の通りです。
    =IF(A9="","",VLOOKUP(A9,商品コード!$A$2:$C$7,2,0))
  8. 商品コードを入れると正しく表示されました。

※執筆環境:Microsoft Excel for Mac バージョン 16.41

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ