www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

日付から曜日を求めるには

文字列を変更する、書式設定する
最終更新日時:2021/02/12 00:05:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブの[分類]ボックスに表示されている数値形式を、文字列として指定するには、TEXT関数を利用します。

はじめに

日付が入ったセルの隣にそれに対応する曜日を求めるには、TEXT関数を利用します。表示形式には”(ダブルクォーテーション)で括ります。

=TEXT(値,表示形式)

曜日にまつわる表示形式は以下の通りです。

表示形式セル表示概要
aaa日本語 (省略して表示)
aaaa月曜日日本語 (すべてを表示)
dddMon英語 (省略して表示)
ddddMonday英語 (すべてを表示)
 ABCDEFGHIJ
1 月日曜日開始時刻終了時刻休憩時間勤務時間時間内時間外  契約時間
2 2月1日9:0018:151:00  8:00
3 2月2日9:0020:301:00  
4 2月3日9:00 17:001:00  
5 2月4日9:00 17:301:00  
6 2月5日   
7 2月6日  
8 2月7日  
9 2月8日  
10 2月9日  
11 2月10日  
12 2月11日  
13 2月12日  
14 2月13日  
15 2月14日  
16 2月15日  

ここでは、日付に対応した曜日を1文字で表示する方法について説明します。

操作方法

  1. 曜日を求めるセルを選択します。
  2. [数式]タブを開き、[関数ライブラリ]の中から[文字列操作]をクリックし、[TEXT]を選択します。
    数値に指定した書式を設定し、文字列に変換した結果を返します。
  3. [関数の引数]の[値]ボックスには、日付が入ったセル(A2)を選択します。
    値 には数値、結果が数値となる数式、または数値が入力されているセルへの参照を指定します。
  4. [表示形式]ボックスには"aaa"と入力して[OK]ボタンをクリックします。
    表示形式 には[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブの[分類]ボックスに表示されている数値形式を、文字列として指定します
  5. 下方向に数式コピーします。
  6. すべての曜日が求められました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ