www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

ブックでマクロを有効にするには

ブックを管理する
最終更新日時:2021/10/10 14:20:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクロ有効ブックを開こうとすると、マクロが無効にされましたと情報バーに表示されます。そこで[コンテンツの有効化]ボタンをクリックすることで、ブック内のマクロが有効になります。信頼済みドキュメントとして追加すると、次回から情報バーが表示されずマクロが有効の状態で開くようになります。

コンテンツの有効化

  1. マクロ有効ブック(拡張子 .xlsm)を開くと、『セキュリティの警告 マクロが無効にされました。』と情報バーが表示されるので、[コンテンツの有効化]ボタンをクリックします。
  2. 信頼済みドキュメントにするか否かの[セキュリティの警告]が表示されたら、[はい]または[いいえ]ボタンをクリックします。
  3. 情報バーが非表示になり、ブック内のマクロが有効になりました。

備考

一旦信頼済みドキュメントとして追加すると、[トラストセンター]に信頼済みドキュメントとして追加され、次回から情報バーが表示されずマクロが有効になります。この履歴をクリアにするには、以下の設定で行えます。

  1. [ファイル]タブを開き、[オプション]をクリックします。
  2. [Excelのオプション]ダイアログボックスの[トラスト センター]から[トラスト センターの設定]ボタンをクリックします。
  3. トラスト センターの[信頼済みドキュメント]を開き、「信頼済みドキュメントをすべてクリアして、信頼されていない状態にする」の[クリア]ボタンをクリックします。
    警告: 信頼済みドキュメントを開くときは、ドキュメントに含まれているマクロ、ActiveX コントロール、またはその他のアクティブ コンテンツに関するセキュリティの確認メッセージが表示されません。また、信頼済みドキュメントの場合、新しいアクティブ コンテンツを追加したり、既存のアクティブ コンテンツを変更しても、次回開くときに確認メッセージは表示されません。作成元を信頼できる場合のみ、ドキュメントを信頼するようにしてください。
  4. 「信頼済みドキュメントのリストをクリアして、ドキュメントを信頼できない状態にしてもよろしいですか?」のメッセージが表示されたら[はい]ボタンをクリックします。
    信頼済みドキュメントのリストをクリアして、ドキュメントを信頼できない状態にしてもよろしいですか?

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ