www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

条件付き書式に複数のルールを設定するには

詳細な条件付き書式やフィルターを適用する
最終更新日時:2021/05/11 21:27:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ルールの管理]ダイアログボックスを使って、条件付き書式の複数のルールを同時に設定できます。たとえば、値に応じて異なる書式を設定できます。対象となるセル範囲を選択して[ホーム]タブの[スタイル]グループの[条件付き書式]をクリックし、一覧から[ルールの管理]を選択して、ルールをそれぞれ作成します。

複数ルールの設定

  1. 対象となるセル範囲を選択し、[ホーム]タブの[スタイル]グループの[条件付き書式]をクリックし、一覧から[ルールの管理]を選択します。
    バー、色、アイコンを使って重要な値を視覚的に強調し、データの傾向やパターンを簡単に把握できるようにします。
    ↓
    [条件付き書式ルールの管理]で、ブックの条件付き書式ルールを表示、作成、編集、削除します。
  2. [条件付き書式ルールの管理]ダイアログボックスの[新規ルール]ボタンをクリックします。
  3. 2番目のボックスから[指定の値を含むセルだけを書式設定]を選択します。
  4. 1番目のボックスの▼をクリックして、一覧から[セルの内容]を選択します。
  5. 2番目のボックスの▼をクリックし、一覧から[次の値以下]を選択します。
  6. 3番目のボックスに「40」と入力して[書式]ボタンをクリックします。
  7. [塗りつぶし]タブをクリックして、一覧から赤色を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  8. 赤色の背景色を設定できたら[OK]ボタンをクリックします。
  9. 先ほどのルールが作成されたことを確認して、[新規ルール]ボタンをクリックします。
  10. 2番目のボックスから[指定の値を含むセルだけを書式設定]を選択します。
  11. 1番目のボックスの▼をクリックして、一覧から[セルの内容]を選択します。
  12. 2番目のボックスの▼をクリックし、一覧から[次の値以上]を選択します。
  13. 3番目のボックスに「90」と入力して[書式]ボタンをクリックします。
  14. [塗りつぶし]タブをクリックして、一覧から黄色を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  15. 黄色の背景色を設定できたら[OK]ボタンをクリックします。
  16. 2つ目のルールが作成されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
  17. 複数の条件付き書式が設定されました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ