www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

NOT関数をネストして論理演算を実行するには

関数で論理演算を行う
最終更新日時:2021/10/10 14:19:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「~以外」といった条件式を作成するには、NOT関数を利用します。IF関数と組み合わせてNOT関数を組み合わせると、「~以外の場合」といった条件式を作成できます。

はじめに

NOT関数は、引数がFALSEの場合にTRUEを返し、TRUEの場合にFALSEを返します。

=NOT(論理式)

IF関数にNOT関数を組み合わせると、「~以外の場合」といった条件式を作成できます。

ここでは、見学日と入会日が同日でない場合に事務手数料3000、そうでなければ0を返す方法について説明します。

操作方法

  1. 求めたいセルを選択して[数式]タブの[論理]関数より[IF]を選択します。
  2. IF関数の[論理式]にカーソルを移動して、名前ボックスから[その他の関数]を選択します。
  3. NOT関数を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  4. 論理式には、見学日セルを選択して、続けて=を入力し、入会日セルを選択します。
  5. 数式バーのIF関数部分をクリックします。
  6. [真の場合]には「3000」、[偽の場合]には「0」と入力して[OK]ボタンをクリックします。
  7. 下方向に数式コピーします。

G2セルの数式は以下の通りです。

=IF(NOT(C2=D2),3000,0)

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ