www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文字間隔を変更するには

文字列や段落の書式を設定する
最終更新日時:2021/06/06 20:42:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ホーム]タブの[フォント]グループから[フォント]ダイアログボックスを開き、[フォント]ダイアログボックスの[詳細設定]タブを開いて、[文字間隔]ボックスから[狭く]または[広く]を選択し、[間隔]ボックスにて間隔を指定します。フォントダイアログボックスを表示するショートカットキーはCtrl+Dです。

文字間隔を広くするには

  1. 対象となる文字列を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループ右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックします。
  3. [フォント]ダイアログボックスの[詳細設定]タブを開きます。
  4. [文字間隔]ボックスから[広く]を選択し、[間隔]ボックスにて間隔を指定して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 文字間隔が広くなりました。

文字間隔を狭くするには

  1. 対象となる文字列を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループ右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックします。
  3. [フォント]ダイアログボックスの[詳細設定]タブを開きます。
  4. [文字間隔]ボックスから[狭く]を選択し、[間隔]ボックスにて間隔を指定して[OK]ボタンをクリックします。
  5. 文字間隔が狭くなりました。

[カーニングを行う]とは?

下の図の上の文字列には[カーニングを行う]オプションを無効にした場合、下の文字列は、既定の[カーニングを行う]が有効になっている場合です。特に、WeのWとeとの間の間隔に注目してみてください。

カーニングとは、文字間隔の調整機能で、前後の文字の組み合わせによって、見た目に自然に見えるように文字間隔を詰めることをいいます。[カーニングを行う]オプションは、基本的に半角英数字のみ有効です。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ